FC2ブログ

りんごジュースを基準に世の中が回ってる僕のブログ。@アスガルドハデス鯖にて活動中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ペイント講座2「【透明色】について考えてみよう!」

はい、ペース早いんですが講座2です。

僕はvistaのペイントでやっていますが、パソコンによってペイントのバージョンなどが違うと思います。
まぁ、ほぼ同じなので、バージョンが違う方はこの機能とこの機能が同じかな?
とか考えてやれば同じようにできると思います。


今日は透明色について学んでいくよ!
まずは、編集例
◆編集前◆
講座用
◆編集後◆
講座用2

違いが無いように見えますが編集後はグラデーションがかかってますよね?
今日はこのような画像を作るための
「透明色の利用」についてやっていきます。
◆用意する画像◆
1空などの模様になりそうな写真
ここでは↓のような画像を使いたいと思います。(ちなみにこれは僕が撮った写真をペイントで編集したものです。)加工用背景
2絵柄を付けたい白黒の画像
分かりやすくQRコードにしてみました。
講座用

まぁ、練習したい!って思った方はこの二つの画像を右クリックでBMP形式で保存して下さい。
(そんな人いないだろうけど)


先に言っておきますが
クリック→左クリック
右クリック→右クリック
太くて赤い線→説明用の線
を意味しています。



◆「2絵柄を付けたい白黒の画像」をペイントを開く◆

まずはペイントを開く所からやってみましょう。
1【保存したフォルダで編集したい画像(BMPファイル)を右クリック】
2【「編集」をクリック】または【「プログラムから開く」→「ペイント」】
の2つのステップで↓の画像のように開けばOKです。
講座2-1
どうでしょう、開けましたか?

◆万能ツール「選択」◆
講座2-2
次に↑の画像にあるような「選択」というツールをクリックしてください。

「選択」とは?
範囲を選択し、
コピー切り取り貼り付け
編集中の画像にファイルから別の画像を張り付ける
選択した範囲の部分のみを保存する
など、画像の編集らしい操作はほとんどこの「選択」で行います。


では実際選択してみましょう!
1【編集エリア(編集中の画像の部分)クリック】
2【すべてを選択をクリック】
講座2-3
すると↓のような感じになったはずです。
講座2-4
点線の部分は「選択ツールで選らんだ範囲」です。


次に選んだ画像をコピーしましょう!
1【選択範囲(点線の中)を右クリック】
2【コピーをクリック】

講座2-5

◆「1空などの模様になりそうな写真」をペイントで開く◆
2の画像を開いたのとやり方は同じです。



◆貼り付け技「別窓へ!」◆
さて、コピーした画像はペイント内に張り付けるのが普通ですが、
「別の窓(ウィンドウ)で開いたペイント内にも張り付けられる!」という事を知っておきましょう。

それを利用して、先ほどコピーした画像をさっき開いた
1空などの模様になりそうな写真」の編集画面(ペイントの画面)
に貼り付けてみましょう。

1【「選択」ツールを選ぶ】
2【編集画面で右クリックする】
3【貼り付けを押す】

講座2-6
すると↓のように先ほどコピーした画像が貼り付けられていれば成功です。
講座2-7

では次に画像を模様になりそうな部分まで移動し、透明色をつけます。
1【張り付けた画像をクリックをしながら移動して、模様になりそうな部分ではなす】
2【↓の画面左の小さい赤枠の部分をクリック(透明色の利用)】

1のような作業をドラック&ドロップと言います。
まぁ、よく聞く言葉ですね。
講座2-8
↑のようになるはずです。
すると「あれ!?張り付けた方の画像が消えた!?」と思った方、よく見ていただきたい。
黒いQRコードの部分のみ見えて
画像の白かった部分は見えなくなっています。
これは透明色を利用したからなんですねー。

◆透明色とは?◆
たとえば、
白い紙に赤いリンゴの絵を描いたとします。
その赤いリンゴを別の大きな紙に貼るとき、リンゴの部分だけ張り付けたい。
だから、はさみで切り取ることにしました。
赤い絵の部分を切りぬいて使い、白い紙の部分は使わないはずですよね?

それと同じで、絵として認識させない、「紙の色」を「透明色(背景色)」と呼んでいるわけです。

ですが!

逆に、白い紙に描いた「赤いリンゴの部分」を「透明色(背景色)」として利用することが出来るのです。
するとくりぬき絵のようになります。
ちょっとここの「紙とリンゴ」の部分の説明は分かりずらいので、何回も読んでみてください。

今は透明色が白だったので、白い部分は透明になってしまいました。



◆透明色を変更する◆
1【カラーバーで透明にしたい色(この場合黒色)を右クリック】

ペイントで絵を描いた方はわかると思いますが、
カラーバーで色を選択する時
(左)クリックが絵を描く色で、右クリックが紙色(背景色、透明色となる部分)となっています。

↓さぁ、画像のようにQRコードの黒い部分が透明になり、下の画像が模様のようになれば成功です。
講座2-9

では選択を解除してみましょう。
1【選択している画像(ここではQRコードの画像)以外の部分をクリック】
講座2-10
もうここまでくればほとんど完成です!

◆ファイルへ保存する◆
では必要な部分のみを保存しましょう。
※【あらかじめ「虫眼鏡」ツールで拡大しておく】
1【「選択」ツールをクリック】
2【保存したい部分(この場合2の画像の部分)の左上、左下となる部分をクリックで範囲選択する。】
3【範囲選択した画像の上で右クリック】
4【ファイルへコピーをクリック】
5【ファイル名を設定し24ビットマップファイルで保存して終了!】

講座2-11講座2-12

あとはペイントで開いていた画像達は保存しないで終了していただいて結構です。

さて、出来ましたでしょうか。
このように切りぬきを使って色々な事が出来ます。

「QRコード」の部分を「文字」にして今のような作業をすれば
おしゃれな文字画像が作れたりするんですよ!


それではまとめます。
◆まとめ◆
透明色(背景色)とは、画像を別の画像に張り付けるときに、張り付ける画像を1色のみ非表示にできるものである。

透明色の利用は、ほぼすべての画像編集に使える技である。

どうでしょうか…こんな説明で理解できたでしょうか?…

2回くらい読めばわかるはずです(



それでは次回は透明色をつかった文字画像を作ってみましょう。

では今回はこのへんで~
スポンサーサイト
  1. 2011/04/01(金) 18:44:33|
  2. ぺいんと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<にちじょー「じゃっじのできごと!」「甘え上手な人」 | ホーム | ペイント講座1「拡張子(かくちょーし)ってなぁに?」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://widora.blog65.fc2.com/tb.php/5-cf7965bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。