FC2ブログ

りんごジュースを基準に世の中が回ってる僕のブログ。@アスガルドハデス鯖にて活動中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ペイント講座1「拡張子(かくちょーし)ってなぁに?」

さて、はじまりましたペイント講座第1段!ぱちぱち
JudgeMentのサイトくらいの加工能力には講座80くらいまで必要なんじゃねーの?とか思いつつ

講座ってほどでもないですが~
かーなーり初歩の初歩からやりますので
「こんなの見なくてもできるぜっ」って人も一番下の「◆まとめ◆」だけちぇっくしてね。
それではいきますよ!?

拡張子…
知ってる人も知らない人もペイントでの拡張子についてちょっとだけ書きますね。
僕の説明は口語なので、逆に分かりにくっておもったらごめんなさい。

むずかしい言葉だけ並べる自己満足じゃーだめだよね!笑

◆拡張子とは?◆
拡張子とは、簡単に言えば
「データを保存するときの入れ物」です。

たとえば、牛乳には牛乳パック、コーヒーには缶、栄養ドリンクには瓶といった入れ物がありますよね?

それと同じで文章には文章の入れ物、音楽には音楽用の入れ物、画像には画像用の入れ物、動画には動画用の入れ物が存在するんです!

それを拡張子って呼んでるだけなんです。それだけ。
あと、たいていの拡張子はアルファベット3文字で表します。「mp3」とか「txt」とか

◆拡張子の種類◆

講座01-1
↑の画像を見てください。これはペイントで画像を保存するときの画面の一部です。
いっぱい拡張子がありますが、これは全部画像用の拡張子です。
これらをまとめて画像ファイルって言ったりします。

さて、今回は3種類の画像ファイルについて教えて行きたいと思います!

まずはたとえ話。
たとえば「缶」という容器にも「アルミ缶」や「スチール缶」がありますよね?
アルミ缶やスチール缶、これらにはそれぞれ得意とするもの(耐久性とか、低コストとか)があります。
たとえばコーヒーはスチールに入ってる事が多いですよね?あれは高い熱で殺菌するからだそうです。

それと同じで拡張子(入れ物)にも得意とするもの、があります。
だから同じ画像の拡張子にもいっぱい種類があるんですねー。
講座01-2
↑今回学ぶのはこの3色の枠で縁取られた3つですね
まず、赤い部分をビットマップファイル(bmp)と言います。
「なんかいっぱいあるね」って思った方、その通りです。まぁもうちょっと書いたら説明します。

次に、青い部分をジェイペグ(jpg)と言います。

そして、緑色の部分をジフファイル(gif)と言います。
とりあえずよく使うこの3つを覚えましょう!いや、知ってるとは思いますが…w

なぜこの3種類があるか、先ほど拡張子にはそれぞれ得意とするものがあると書きましたが。
画像を利用するときに、よりサイズ(容量)を軽くするのに圧縮する必要があるからです。
その時に、画像には大きくわけて「写真」と「絵」があると言う事を考えなければなりません。


◆ビットマップファイルについて◆
まずはペイントと一番相性がいいビットマップファイルです。
なぜならBMPは写真と絵どちらも扱える未圧縮ファイルだからです。
まぁ未圧縮と言う事は元の画像をそのままほぼそのまま扱えるんです

先ほどさらっと書きましたがこのように4種類のBMPファイルがあります。
講座01-3

◆24ビットマップファイル◆
この24ビットマップファイルがペイントで最もよく使う保存形式と言えます。
講座01-4
腹の立つ顔をしてますが、とりあえずこの24ビットマップファイル君は、とにかく見たものをそのまま扱える事が出来ます。

さて、ビットマップファイル君たちはそれぞれパレットを持っていて、使える色(絵の具)が限られているのです。
ですが、この24ビットマップファイル君は何千色といった色を持っているのでどんな画像でも扱えちゃうわけです。
ですが、彼にも弱点があります。

BMPはホームページなどには載せる事ができない!彼はウェブページに対応してないんです!

なので保存するときはまずBMP、ホームページに載せる時にjpgやgifに変換して使いましょう!

◆16色と256色ビットマップファイル◆
講座01-5講座01-6
あー、全員腹の立つ顔ですね。
とにかく彼らはそれぞれ16色のパレット、256色のパレットしか持っていないので、画像編集ではあまり役に立ちません。

とりあえず省略しちゃいます。
◆モノクロビットマップファイル◆
講座01-7
見てわかる通りモノクロ(白黒)です。彼のパレットには白と黒の2色の絵の具しかありません。
なんで、どんな写真も白黒にしか書けません。
「役立たず!」って思ったあなた。
こいつは、編集の時にかなり使います。
白黒にしかできないのを逆に利用する技を
僕が勝手に白黒エンコーディングと名付けています。


彼(モノクロビットマップファイル君)の使い方についても今後書きます。


さて、BMPの話はここまでですね。以下の話はホームページやブログで必要な保存形式となります。

◆ジェイペグについて◆
さて、ペイントと一番相性が悪いと言えるジェイペグファイルです。
講座01-8
同じ顔じゃん…
ジェイペグ君です。

彼の特徴は
1、「写真」に向いている圧縮ファイルである、ということ。
2、圧縮率を自在に調節できる、ということ。
3、携帯や、いろんな機器で幅広く使われている、ということ。
ですが、ペイントでjpg形式で保存するという事はまず辞めた方がいい!
何故か。それはペイントでjpg形式で保存するときに圧縮率は調整出来ないからです。
必要以上に圧縮すると画像は荒くなったり、相手に不快感を与えてしまう事があります。

BMPファイルを、画像変換ソフト(フリーソフト)でjpgに変換するときに圧縮率を自分で設定して使うというのは一番良いと思います。
彼はパレットにある色を無駄に使いたがる性格なのです。
たとえば青一色でいい、という所をいろんな青色を使って書いてしまうんです。
だから単純な編集の邪魔になる!ということを覚えておきましょう。

◆ジフファイル◆
講座01-9
ジフファイル君ですね。
彼はジェイペグ君とは反対に絵を保存するのに適したファイルと言えます。

彼もペイントとはあまり相性が良くないんです。

でも、ホームページで載せるときに、アスガルドなどのSSはBMPで保存後に
gifファイルに画像変換ソフト(フリーソフト)で変換する
のがいいと思います。

ちなみにこのブログに使われている画像はほぼgifです。

また、ジャッジメントのサイトのTOPのアニメーションもジフファイルです。
ジフファイルを使えばパラパラ漫画のように何枚もの画像を重ねてアニメーションを作れる、というのも覚えておきましょう。
◆まとめ◆
24ビットマップファイルで保存してjpgやgifに変換!
これがペイントを使う上での基本中の基本と言えますね。


色々書き過ぎて分かりにくかったかもしれませんが2回くらい読めばなんとなくわかるかと思います!
スポンサーサイト
  1. 2011/03/31(木) 15:04:09|
  2. ぺいんと
  3. | コメント:0
<<ペイント講座2「【透明色】について考えてみよう!」 | ホーム | にちじょー「フィルさんとPS上げ(?)」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。